日常英会話に必要な単語数はたったの2000語!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
日常英会話で使う単語はだいたい2000語

社会人になって英会話を本格的に勉強しはじめて感じたこと…

それは、「難しい英単語を使った文を作らなくてもいいんだ」ということです。

難しい英単語を使わなくても,ネイティブは簡単な単語を組み合わせて文を作るのです。

大事なので、もう一度言いなおしますね。

「知っているやさしい英単語を使って文を作るのです!」

さて、日常英会話ができるようになるのに必要な単語数っていくつぐらいだと思いますか?

 

ちなみに、外国人が日本語で日常会話ができるようになる単語数ってどれくらいなんでしょうね~。

興味があってインターネットで調べてみましたが、具体的な数字は得られませんでした。

なので、外国人が日本語の新聞を読めるようになるのに必要な漢字数で調べてみました。^^

漢字Q&Aのサイトによると、2008年以前の古い記事になりますが、

その記事によると、2602字知っていると、「読売新聞」2カ月分にでてくる漢字のほとんどを読めることになるそうです。

だとすると、この2600字の漢字の他にカタカナで書く外来語や「まあ!」などの感嘆表現とか「こそあど言葉」やオノマトペなどなど

他にも覚えなくてはいけないので、もっと単語を覚えなくてはいけないわけですね~。

話しはもとに戻りますが、実際、インターネットで「日常英会話に必要な単語数」を調べてみました。

だいたいどのサイトも2000語前後と言っています。

外国人が日本語の単語や漢字を覚える数よりも、ずっと少ないですね!

 

でも、2000語と言われても、検討が付かないかもしれません。

日本の中学校3年レベルで1500語ぐらい、高校卒業時で3000語ぐらいだそうです。

だとすると、中学校までの英単語で日常英会話がほとんどできるぐらいなのです!

わたしはこのサイトで受験用の英語や資格取得のための英語については扱っていません。

というか、わたしは受験や資格のために英語を勉強したわけではないので、何も言えません。

でも、英語で日常会話をする事なら身をもって経験したので、シェアできます。

中学の英単語レベルを駆使して「アウトプットをひたする」のです。

「中学までの英単語を使って簡単でもいいから文章をつくればいいのよ!」と言われても、

すぐにはなかなかイメージがわかないかもしれないですね。
どう説明していいのかいい言葉がみつからなかったので、

私の頭の中でどのようなプロセスを経て文章を作っているのか例えを使って説明してみます。

「憧れる」って英語でどういいますか。

例えば、「ウィリアムズさんにあこがれるわ~」と言いたいとき、

あなたなら、どうやって言いますか。





すこし考えてみてください。

「憧れる」という単語がすぐに頭に浮かばないとき、知っている単語を駆使できますか?

例えば、他に言い方を変えて自分の伝えたい表現することができますか。

「憧れる」を辞書で引くと

long for ~

admire

yearn

look up to~

が出てきます。

日常会話でよく使われるのが

admire と look up to です。

admireがもしかしたら、

すんなり頭に浮かばないかもしれません。

それで、「尊敬する」→ 他の表現で、「見上げる」でlook up 

ちなみに「見下げる」は、look down

を使っても、十分に言いたい事を伝えることができます。
ね、admireなんて難しい単語を覚えておくのに越したことはないけど、

忘れていても, もっとよく使う単語を組み合わせても表現することができるでしょ。
I always look up to Mr.Williams
(いつもウィリアムズさんに憧れる(尊敬する)わ~)

Look up to 誰々~で「見上げる」、つまり転じて「尊敬する」と言う意味。

中学校で習うような単語3つを組み合わせて表現。

わたしは、言いたいことの英単語が頭に浮かばないときは他にどんな表現ができるか、

どんな単語を組み合わせられるかを考えます。

もしくは、わからない単語の説明をすると、

ネイティブの相手が○○ってこと?と言いなおしてくれるので、

それで言い回しを思い出したり、他の言い回しを覚えたりしました。

ニュージーランドに12年間住んで感じた事は

ネイティブの人は学問に使うような難しい単語を羅列して日常会話をしていないと言う事。

Look, get, have, pullなどなど日本人が中学で習う動詞に

through, down, over, up, toなどをうまく組み合わせています。

その方が、聞いていても親近感がわくのです。

難しい言葉を使うと、なんだか相手との距離があるような感じがします。

でも、もちろんお医者さんに行った時や会計士や弁護士と法的な事や専門的な内容を話す時には

専門用語を理解する必要がありますけどね。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメント

  1. yamakawa より:

    「知っているやさしい英単語を使って文を作るのです!」
    これができるのは英語の達人であるからでそんな難しいことが初心者にできるはずがない。
    2,000語だけで会話するには10,000語程度覚えたころでないと難しいだろう。

    1. カメチャン より:

      yamakawaさん、コメントありがとうございます。仰られるていること、よくわかります。
      「Toeicで高得点を取っているのに、英会話が実際にできない方が多い。」という事実をテレビやネットで聞かれたことはないですか。このような方たちは語彙力は確かにあります。かなり専門用語もご存じです。でも、実際問題、英語を話すとなると、「難しい大きな単語」を連ねて、複雑な表現をされる傾向があります。結局、英語のネイティブに言いたいことが上手く伝わらないことが起こりえるのです。もちろん、語彙をたくさん知っていれば、読解も容易になり、リスニングも聞き取れることが多くなってくると思います。
      何が言いたいかというと、いくら語彙を覚えても、英語を話し慣れていないと、いざ外国人を目の前にして話すとなると、言葉が知っているのに出てこないというジレンマに陥ります。だから、日常会話で頻繁に使う単語2000語を使いこなす練習、アウトプットをすることで、基本的な会話ができます。もちろん、細かい専門的な内容や、自分に関心のない分野の会話になると、既知の単語が変わってくるので、それは徐々に必要に応じて増やしていけばいいと思います。2000語を使いこなして基本的な会話ができれば、相手の言っていることがわからなければ尋ねることができるし、双方向のコミュニケーションのやり取りが可能になるレベルです。yamakawaさんの「英語ができる」という言葉のイメージは何ですか。母国語のように、スムーズにできることをイメージされていますか。私たちにとって、英語は所詮、第2言語なので母国語のようにスムーズには行かなくても、難なくコミュニケーションをとれるようになりたいと思っておられますか。だったら、目標を10,000語と高く設定すると、気が遠くなるので、まずは2000語を使いこなすことから始めるのはいかがでしょうか。参考になれば幸いです。

  2. yamakawa より:

    回答ありがとうございます。初心者にとって2000語を使いこなすのは難しいと言っています。目標が10000語ではなく10000語覚えるころでないと2000語で自分の思いを表現できないだろうと言っています(ただの予想です)。同じことを表現するのに簡単で少ない語彙数で表現する方が難しいのは辞書を編纂することを考えればわかると思います。
    知っている簡単な単語で多くを表現することを考えるより語彙数を増やす方がずっと簡単だと指導する方が親切です。

    1. カメチャン より:

      ご意見をありがとうございます。人それぞれ、学習の仕方も違うし、どんな学習方法が合うかも違います。おそらく、yamakawaさんには、10,000語を覚えるほうが向いているのかもしれませんね。それは、それでよいと思いますよ。今まで、いろんな生徒さんに英語を教えてきていますが、1つの方法が全員に当てはまることはありません。みなさん、覚え方も、理解の仕方も多種多様です。各自、一番いいと思う方法で、勉強するのが一番だと思います。私自身、第3番目の言語を学習中で、これまでの私の言語学習経験から、今、英語学習に励んでおられる方の何かの参考になればと思ってブログを書いているだけです。

  3. yamakawa より:

    look up to ~ は句動詞ですが最も難しいものだと思います。冠詞、格変化、単数複数、不規則動詞など日本語にはないもの、ほかの文法など分かりにくい規則はありますが数が知れています。句動詞は数の多さ意味変化の多様さから難しさが桁違いです。多くの時間をかけて少しずつマスターしていく英語の最後の地平だと思います。
    知っている単語の組み合わせだから簡単とは言えません。
    英語を教えている人にお願いしたいのは英語は難しいということを言ってもらいたいのです。私も市民講座で3年ほど習いましたが1年以内に挫折する人が3割以上います。難しさを知っていれば無駄な時間を費やさずに済んだのにと思います。私は難しさを知っていたので進歩しないのが当たり前だと思いながら今も自学を続けています。
    第3の言語を勉強されているそうで英語を十分使えていれば他の西ヨーロッパ諸語は簡単だと思います。半分近くは同じ語源ですから。語彙の多さが役立つのを感じられるはずです。
    偉そうに書いていますが私の語彙数は4000くらいだそうでもちろん英語はほとんど話せません。4歳児くらいの語彙数になるのですが4歳児に程遠い表現しかできません。

    1. カメチャン より:

      こちらは、先ほどのコメントと重複しておりますので、割愛させていただきます。

  4. yamakawa より:

    look up to ~ は句動詞ですが最も難しいものだと思います。冠詞、格変化、単数複数、不規則動詞など日本語にはないもの、ほかの文法など分かりにくい規則はありますが数が知れています。句動詞は数の多さ意味変化の多様さから難しさが桁違いです。多くの時間をかけて少しずつマスターしていく英語の最後の地平だと思います。
    知っている単語の組み合わせだから簡単とは言えません。
    英語を教えている人にお願いしたいのは英語は難しいということを言ってもらいたいのです。私も市民講座で3年ほど習いましたが1年以内に挫折する人が3割以上います。難しさを知っていれば無駄な時間を費やさずに済んだのにと思います。私は難しさを知っていたので進歩しないのが当たり前だと思いながら今も自学を続けています。
    第3の言語を勉強されているそうで英語を十分使えていれば他の西ヨーロッパ諸語は簡単だと思います。半分近くは同じ語源ですから。語彙の多さが役立つのを感じられるはずです。
    偉そうに書いていますが私の語彙数は4000くらいだそうでもちろん英語はほとんど話せません。4歳児くらいの語彙数になるのですが4歳児に程遠い表現しかできません。

    ここを見て look up to と admire を覚えました。お礼申し上げます。

    1. カメチャン より:

      語学を学ぶのに王道はありません。わたしはただ単に「英語を学ぶのは簡単である」と言っているのではなく、「簡単、つまりシンプルな表現を駆使することで、大学で学ぶような大きな単語ばかりの羅列でなくても、表現ができる」ということを伝えたいのです。4歳児だって、大きな単語を使わなくても、シンプルで短い表現を使います。そうするには、親や先生からのインプットだけの勉強以外に、実際に使うことでアウトプットして、たくさん間違えて、使えるようになっていくのです。

      人が挫折するのは諸事情があると思います。家庭の事情、仕事の関係、もちろん、気持ち的に挫折して離れていくこともあるでしょう。それは、それでいいと思います。みなさん、いろんな過程を経て、本当にその人の願いが強ければ、いずれまた、いい時期が来たときに自分の願いに向けて携わるこ時が来ると思います。挫折することが負けではありません。一度、離れてみることで、自分の中に他の物を受け入れるゆとりができることもあります。わたしはそうでしたよ。根を詰めすぎると、なじみのない言葉は特に自分の中に入ってきませんからね。語学を学んでいると、好調な時もあれば、そうでないときもあります。「できない!」と思って落ち込むことも多々です。語学学習はコツコツやることがコツです。だから、自分が楽しいと思える方法を見つけることです。それが長続きさせる秘訣です。学びに終わりはないです。わたしは今も英語の学習が終わったとは思っていません。

      わたしは生徒さんに「英語は難しい」とは絶対に言いません。それは人を条件づけてしまいます。それは自分を「英語は難しい」という固定観念にはめてしまうからです。英語が難しいと絶えず感じていたら、わたしは英語を教えていなかったでしょう。でも、楽しいと思えたので、今も続けていられるし、他の人にも教えたいと思ったのです。でも、先にも述べたように「語学を学ぶのに王道はない」とはよく伝えます。楽して一夜でできるようなものではありません。自分の子供にもよくいうのですが、自分で「できない」と言うと、それだけで、もう「できない」のです。今はできなくても、「できる。どうしたらできるか」と自分に言い聞かせることで、気が付かないうちに脳は解決策を探し始めるものです。
      今までの自分を英語学習を振り返って、たとえ少しであったとしても、自分の進歩を見つけて、すこしでもうれしい気持ちを持てたら、「どうしたらもっとできるかな」と思えるようになるかもしれません。yamakawaさんいはyamakawaさんに合う方法があると思います。どうぞご自分で良いと思う方法をされてください。

yamakawa にコメントする コメントをキャンセル

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください