英会話ができるようになるには…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
英会話できるようになる

日本に帰ってきて、知り合いの人に良く聞かれた質問は

「英語たくさん勉強したの?」

「学校で英語勉強したの?」

ですかね…

 

このブログを読んでくださっているあなたは、どう思いますか?

英語をペラペラに話せる日本人の友達を見て、

「単語一つ一つは難しいものでなく、むしろ学校で習ったような簡単な単語だなぁ~。

でも、それをうまく組み合わせているけど、私には意味が良くわからない~」

な~んて、わたしがまだ英語を話せない時に感じていました。

でも、英会話ができるようになって今思う事は、

中学校や高校で習うような英単語だけでも、十分会話ができると言う事。

コツは、知っている単語をいかに組み合わせてそれを使ってみること。

つまり、アウトプットが大事なんです。

 

学校でならった文法中心の英語は詰め込むだけのインプットなのです。

インプットももちろん大事です。

ある程度のインプットがないと、アウトプットできるものがないですからね。

でも、いろいろ知識を蓄えても、それを実際に使ってみないと、話せるようにはならないんですね。

 

 

ヒケツはたくさん話す事、そして、自分で文章を作ること。

日記や手紙を英語で書いたりして、英語で文章を作る力がついてくると

実際に英語を話しているときも、

自分で苦労して自分が言いたい表現を英語で書いた記憶がうっすらでも残っていれば、

それを使ってみたり、また応用できるものです。

 

 

「英語を話せるようになりたい」と思っていた初期のころの私の頭の中は…

例えば…

Would you like to come with me?

と、聞かれたら、頭の中で

「あ、一緒に来ない?って、か聞いているんだな」

と訳し、

返事をするのに、英語,応答

(すんなり出てくる言葉は、YESとかNOだけで、その後が続かない自分が情けなかったです(涙)…)

仮に、YESの後に

「どこに行くの?」と聞きたい場合。

自分の頭のなかでは、Where の後は主語と動詞が逆だから…

えっと~  英語,難しい
(ちなみに「えっと~」と考えているときに言ってしまうと、

相手から 「Eight?」

(英語の数字の8の意味)

と聞き返されることが大なので、ご注意を!)

と、こんな具合に頭の中で英会話を日本語から英語に訳し、

訳す時に文法を考えるから、余計に時間がかかり・・・

その間、相手は相手が言った理解していないと思い、

ゆっくりと何度も同じことを言われたり…

もっと、簡略して単語のみ言われたり…

と、こんな情けない経験を私は何度もしました。 (涙)

 

海外でもしくは、日本ででも外国人と接した経験がある方は、そんな経験をされたことはないですか?

だから、話す機会をたくさん作って、口から伝えたい単語が出てくるようにアウトプットするのが大事なんです。

 

ちょうど、小さい子供が自転車の乗り方を覚えるように英語,勉強

頭ではどうすればいいかわかっているけど、初めのころはうまくバランスがとれないですね。

でも、何度も何度も練習することで頭で考えなくても、体が覚えてしまう。

英会話も同じで、英語を話せるようになるには

何度も何度も場を踏むことが大事です。

そして、間違いをたくさんすることです。

日本人特有の謙遜さはダメです。

日本の謙さで英語を話すと、相手には「自信がない人」と思われてしまうのです。

間違っていてもOK,

堂々と自信をもって大きな声で言う

それだけでも相手との会話もどうにかなるものです。

わたしが幾つか実践した英会話勉強法を紹介しますね。

日本人の友達と海外に旅行に行った時、絶対に日本語を話さないとお互いに約束し、守りました。

テレとか、恥ずかしさとか、慣れている日本語の方がコミュニケーションをとるのに楽なので、

日本人同士でついつい日本語を話してしまいますね。

でも、3ヶ月間がんばって、辞書を片手に友達に英語を話す事で、英語学習

「こうやっていいたいときはどういう風に言えるのか」と考え、

辞書の例文を参考にしながら、アレンジしてみたりすると、意外と頭に残るものです。

次回、似たような場面に遭遇したときには楽チンでした。

また、日本人の友達が使う英語からも

「こんなときはこんな言い方もできるんだぁ~」

と学ぶことがたくさんありました。

ニュージーランドに12年住んでいたときに、たくさんの日本人留学生を見かけました。

せっかくニュージーランドに来ているのに、ずっと日本人ばかりと過ごし、日本語ばかり話していては、

なかなか英会話が上達しませんね。もったいないです。

やはり、今まで学校で学習した英語を掘り起こしながら、アウトプット、つまり使ってみることです。

実際に、口に出してみなければ、体で覚えられないですしね。^^

私の場合は、海外旅行という機会を利用した他に、

日本に居ながらにして、英語漬けになれるように、

独り言を家にいる時や、車を運転中にブツブツと英語で言っていました。^^;

独り言なので、今自分がしていることや、これからしようとしていることなど、

わざわざ英語にして言ってみたりしました。

 

後は、好きな英語の歌なんかを口に何度も出して言う事で

覚えてしまうので、会話に使えそうなフレーズなんかは

何度も口にだして、独り言を言っていましたね。

 

 

余談ですが、

わたしはスマホの画面設定を英語に切り替えています。

メール受信画面もすべて英語。

些細なことですが、英語漬けになれます。^^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサーリンク

コメント

  1. 東條眞理子 より:

    初めまして私東條と言いますworldtalkでお世話になって一年過ぎましたが全然会話が出来ません私の努力不足というのはわかっていますが覚える事が多すぎて前の日に勉強したことも忘れる状態ですちなみに年齢は61歳です英会話勉強歴4年女性です 英会話は10代の頃から憧れていてその時少しは勉強したんですが挫折しました少しは前に進みたいと思いますスカイプでもかなりの先生を体験しました

    1. カメチャン より:

      東條さん、コメントありがとうございます。語学勉強だけでなく、何事もそうだと思うのですが、山あり谷ありで、凹む時期が必ずありますよね。東條さんが英会話を勉強されて4年とのこと。決して今までの努力は無駄ではないと思います。40代の私が偉そうなことは言えませんが、あえてアドバイスをさせていただくとしたら、みんな進む速度は人それぞれなので、自分のペースで、自分が楽しい!と思える方法で続けていかれるのが一番だと思います。楽しい!と思っているときは、自分がどれだけできるようになったかと言うよりも、「どうしたらああいう風にできるかな」とか「どうしたらこう言えるかな」とかいろいろ解決策を考えることに意識が向くので、ポジティブなエネルギーいっぱいで、脳も解決策探しに無意識に焦点を当てるようになるはずです。 わたしも昔は新しい単語やフレーズを覚えるのが大変だなと感じた時期があったので、あまり自分にプレッシャーをかけないようにするために、「忘れたら忘れたでイイや!」ぐらいの気持ちで取り組みました。調べた単語を辞書にマークしておいて、また同じ単語を調べたときに、「あ、以前にも調べていたんだ~」と気が付くので、その繰り返しでした。語学習得に王道はないので、少しずつ、前に進んでいくしかないのです。私も今東條さんと一緒で、語学勉強(オランダ語)中なので、お気持ちがよくわかります。もう毎日間違いと、もどかしさの繰り返しです。^^; だから、東條さんも、ぜひあきらめずに、継続してかれますように。 アウトプットが大事なので、自分が今していることや、これからしようしていることを、短い文で構わないので英語で言うのはいかがですか。もし、そのとき自分の英語の表現がうまく言えているのか不安に感じたら、それを書きとめて、次回ワールドトークでレッスンを受けるときに先生にチェックしてもらう事もOKですよ。もし、私のレッスンをご希望なら、前もって送ってもらっても構いません。送っていただいた表現の中から、よく使うフレーズなどをピックアップして、レッスン中にさらに練習をすることで、表現に慣れていただくことができます。 すこしでも参考になれば幸いです。 Never too late. Keep it up.

  2. 東條真里子 より:

    こんばんは先生早速のメールありがとうございました何故か凄く嬉しかったです今も英語で色々考えたのですが時間がかかりそうなのですみませんI have studied English for four years.But I can not speak English. I have a lot of teaching materials.
    先生近いうちにレッスンを入れますので宜しくお願いします

    1. カメチャン より:

      東條さん、おはようございます。早速、英語を書いてくださったのですね。とてもよく英語で書けていますよ。^^  ちょっと1つだけ。teaching materialsだと、先生が教えるために使う教材になるので、learning materialsというと、学習教材になり、生徒さんが学ぶためにつかう教材になるので、learning materialsですかね。これだけです。 すごい! 自信もってくださいね。この調子でがんばってくださいね。^^
      そして、さっそくレッスンの予約を入れてくださってありがとうございます!とてもうれしいです。お会いできるのおたのしみにしています。

  3. 東條真里子 より:

    こんばんは次回のレッスンを楽しみにしてますI am looking forward to you. see you next time

    1. カメチャン より:

      Yes, I’m looking forward to seeing you, too!! Have a good weekend!

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.